ベルリン・戦勝記念塔の285段の階段を上ってきた!ドイツ4日目④

シェアする

2015年5月17日(日)

ベルリンにある戦勝記念塔は、塔の上に上る事も出来ベルリンの街を見渡せる。

戦勝記念塔からまっすぐ伸びる道の先には、ブランデンブルク門がある。

ベルリンを観光できるのは、5/17が実質最後になるので詰め込んで観光。

行ったところはここ。

  • 戦勝記念塔←今回のブログはここ
  • カイザーヴィルヘルム教会
  • 新博物館
  • イーストサイドギャラリー
  • ユダヤ博物館

戦勝記念塔に到着し285段の階段を上り、楽しんできた話。

こちらの記事もよかったら見てください((*´∀`*))

2015年5月17日(日) ベルリン駅で朝食(お菓子)を食べて、電車→2階建てバスに乗ってベルリンの街のシンボルの一つである戦勝記念塔へ行...

スポンサーリンク

ベルリン・戦勝記念塔について

戦勝記念塔とは

ウィキペディアより引用。

戦勝記念塔(独:Siegessäule ジーゲスゾイレ)は、ドイツ・ベルリンのティーアガルテンの中央部にそびえ立つ、高さ67メートルの石造の塔である。塔の頂上に金色の勝利の女神ヴィクトリアが立っている

デンマーク戦争での勝利を記念して1864年に建設が始められ、1872年に完成した。

この間、普墺戦争(1866年)、普仏戦争(1870年 – 1871年)にも勝利し、これら戦勝をも顕彰する建造物となった。

塔内部は頂上の展望台に通じる285段の螺旋階段が設けられている。

当初、帝国議会前の広場に建てられていたが、ベルリンを世界首都に改造するヒトラーのゲルマニア計画の実施に先立ち、1939年に現在のティーアガルテンのグローサーシュテルンのロータリー中央に移設された。

塔台座には、大勝利の模様を描いた銅版レリーフが4面はめ込まれている。

これらのレリーフの内、普仏戦争とデンマーク戦争については、第二次世界大戦後、フランスへ持ち去られていたが、独仏融和を第一とするミッテラン政権時代に返還された。

映画の舞台にもなった戦勝記念塔

戦勝記念塔は、映画『ベルリン・天使の詩』の舞台にもなっている。

この映画は、1987年公開。

監督は、ヴィム・ヴェンダース。

この映画、見た事ない…Σ(´д`)

ベルリン・戦勝記念塔の場所

戦勝記念塔はここ。

青枠の中にロータリーがあり、その中心に戦勝記念塔がある。

戦勝記念塔からまっすぐ伸びる道の先には、『ブランデンブルク門』がある。

このブランデンブルク門に伸びる道は、『6月17日通り』と言われている。

ロータリーの中心部に、高さ67mの戦勝記念塔が建っている。

オバマ元アメリカ大統領も訪れていた

2008年7月24日、バラク・オバマ氏がここ戦勝記念塔を訪れ演説を行った。

演説に集まったのは20万人。

オバマ氏がアメリカ大統領になる前のことである。

戦勝記念塔に到着

やっと着いた。

ドイツの国旗の事

戦勝記念塔の周りに、旗がはためいていた。


旗が綺麗に見えてるのが撮りたかった。

パタパタと翻ったりしてタイミングが難しく、これが精一杯。

左端のは、ドイツの国旗だ。

ドイツの国旗の色

ドイツの国旗の色は、上から黒、赤、金色。

一番下の色、私はずっと黄色だと思っていたが『金色』なのだそうだ。

3色の色の由来は、ナポレオン軍と戦った学生義勇軍が着ていた軍服の、黒いマント、赤い肩章、金ボタンの色からきている。

戦勝記念塔を下から見る

ロータリーの中心に、天高く一本の塔が建っている。

戦勝記念塔の全景図

高さ67m。塔の上には金色の女神ヴィクトリア像。

女神ヴィクトリアの姿

ヴィクトリアの女神の像のアップ。

右手には月桂樹、左手には鉄十字の杖を持っている。

身長は8.32m、重さは40t。

女神の下のところに柵が見える。

この柵のところが展望台になっている。

ヴィクトリア像の後ろ姿。

ヴィクトリア像を横から。

戦勝記念塔の台座にある4つのレリーフ

写真の下の方を見て欲しい。

台座の下の方に浮き彫りになった銅板がある。

このようなレリーフが台座の4面に設置されている。


レリーフではない壁のところに少し凹んで見えるのは、第二次世界大戦の時の銃弾の跡だ。


このレリーフは、戦争の勝利の様子を描いたもの。

普仏戦争とデンマーク戦争のレリーフについては、第二次世界大戦後フランスに持ち去られていたが、ミッテラン政権時代に返還され、再び台座に設置された。

戦勝記念塔の中に入る

さぁ、中に入ろう。

入場料

入場料は、大人3€。学生等は割引になる。

中に入ると展示物もある

こんな展示物がいっぱいある。

戦勝記念塔の歴史とか。


女神ヴィクトリアのサイズが書いてある。

  • 身長8.32m。
  • 体重40t。
  • 靴のサイズ90。

国会議事堂の模型もある。

ブランデンブルク門の模型。

戦勝記念塔のモザイク画

階段を上る。

階段を上ると、このモザイク画がある。


塔の台座一周全部にモザイク画が描かれている。

6月17日通り

モザイク画がある所から、『6月17日通り』が見える。

左側には、テレビ塔が見える。


『6月17日通り』の先には、『ブランデンブルク門』がある。

戦勝記念塔の階段を上る

女神ヴィクトリアの足元にある展望台に向かう。

階段を上るよ!Σ(´д`)

こんな螺旋階段を上る上る。ヒィィィィィ・・・Σ(´д`)

親切設計、途中で休憩の椅子があるよ!

階段、非常に疲れる。

でも、安心して欲しい!!!

階段の途中で椅子があるのだ。


休憩出来るよ!!

もちろん利用した(笑)

戦勝記念塔の展望台に到着

285段の階段を上り展望台に着いた。

柵の間からベルリンの街を見る。

こんな感じの柵なので正直見にくい。

見にくいながらも撮ってみた。

丸の中に、テレビ塔とベルリン大聖堂、ブランデンブルク門が見えるよ!!

上には女神ヴィクトリアが見える。

キンキラキン!

塔の下は・・・((((;゚Д゚)))


こ・わ・い!人がちっちゃい…((((;゚Д゚)))

柵のところに鍵があった。

こんなことした事もないし、する予定もないよ(笑)

さぁ、下に降りよう!

戦勝記念塔の近くにある3人の人物像

戦勝記念塔を下りた。

戦勝記念塔の近くに、3人の人物像がある。

①Albecht Graf von Roon(アルブレヒト・グラフ・フォン・ローン)

②Otto von Bismarck(オットー・フォン・ビスマルク)

③Helmut Graf von Moltke(ヘルムート・グラフ・フォン・モルトケ)

①の人

①Albecht Graf von Roonの像。


Albecht Graf von Roon(アルブレヒト・グラフ・フォン・ローン)

ドイツ統一に関わる3つの戦いの勝利に貢献した人物。

②の人

②ビルマルクの像(中央の人)


Otto von Bismarck(オットー・フォン・ビスマルク)

ビスマルクは、ユンカー出身のドイツ最初の首相。

『鉄血宰相』とも呼ばれた。

ビルマルクのそばにいる人。

③の人

③Helmut Graf von Moltkeの像


Helmut Graf von Moltke(ヘルムート・グラフ・フォン・モルトケ)

戦勝記念塔から少し足を伸ばすだけで、この御三方の像が見れる。

興味のある方は是非。

街灯と戦勝記念塔。

戦勝記念塔近くに咲いていた花。

この後は、バスに乗ってベルリン動物園駅まで移動。

そして、カリーヴルストでお昼ご飯タイムです!

〜2015年ドイツ旅・つづく〜

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

TOP