明日香村の案山子と棚田に咲く彼岸花がサイコー!黄色の彼岸花も見たよin奈良

シェアする

2017年9月25日(月)

奈良県明日香村で案山子コンテストをやっているのを知ったのは2015年だった。

人のブログをみて知った。

案山子コンテストは2017年で22回目になるという。

関西に住んでるのに2015年まで知らずにいた。申し訳ない(笑)

彼岸花と案山子と棚田の写っている写真を見て行ってみたいと思うようになった。

可愛らしいたくさんの案山子や、棚田に咲く彼岸花に目を奪われた。

その中に黄色の彼岸花の写真もあり非常に驚いた。

白色の彼岸花は今まで見た事はあったのだが、黄色の彼岸花は見た事がない。

これは、見に行かねばならない!!!

2015、2016年は都合がつかず行く事が出来なかった。

2017年は絶対行くと決め、休み希望を9月25日に出した。

この頃なら彼岸花もきっと見頃に違いない!

棚田にいっぱいの彼岸花が咲いてる風景を勝手に想像した。

さて、私のこの予想は当たるのか?(笑)

そんな思いを胸に明日香村を訪れた話。

こちらの記事もよかったら見てください((*´∀`*))

2017年9月25日(月) 今年(2017年)も彼岸花を見に行きたいと思い、奈良の明日香村に行って来た。 稲淵の棚田に咲く彼岸花を見て見...
2017年9月25日(月) 奈良の飛鳥駅から石舞台古墳までは、レンタサイクルを借りて彼岸花を見て周った。 そして、石舞台古墳からは歩いて...

スポンサーリンク

案山子コンテストについて

奈良県明日香村の稲渕地区の案山子路(かかしロード)に、一般の方が作った案山子を展示している。

2017年は9/23, 24にコンテストが行われ入賞作品が選出された。

また、同日に彼岸花祭りも開催された。

棚田の風景とともに可愛らしい案山子も楽しめる。

彼岸花が咲く頃に行くと、『いっぱいの彼岸花』も楽しめるという特典がつく。

行くなら彼岸花が咲く頃をオススメする。

なんと、入場は無料!!!

案山子が展示されている期間

2017年は、8/27〜11月中旬。

結構長い間展示してあるのだ。

案山子コンテスト会場の行き方

私は飛鳥駅から石舞台付近まで自転車→徒歩のルートで行った。

まず地図を見ていだだきたい。

自転車を停めたのは、黄色の交差点のところ。

黄色の交差点→矢印で示しているオレンジの15号線の道を歩き→案山子コンテストのところまで歩いた。

案山子コンテスト会場に行く道でもたくさんの彼岸花が咲いており、歩いて行くのはオススメする。

案山子コンテストのところへは、男綱(おづな)がある勧請橋(かんじょうばし)を目指していけばいける。

グーグルの地図で検索する時に、男綱で入れれば出てくるので案山子コンテスト会場の場所の目安にするといい。

勧請橋(かんじょうばし)ではグーグルの地図検索で出てこないのだ。

男綱のところに勧請橋(かんじょうばし)という橋がかかっている。

その橋を降りたところが案山子コンテストの会場になる。

案山子コンテストの入り口付近のこと

案山子コンテスト会場近くまできたら、稲渕棚田と書いてある看板がある。

案山子コンテスト会場も見える。

案山子たちの看板

そして、今回2017年の案山子たちの写真が貼ってある看板が道路沿いにあった。

近寄って見てみることにした。

ジャンボ案山子のことが紹介してある。

『にんじゃ』、体重300kg、身長6m。

ジャンボ案山子は毎年あるようだ。

案山子コンテストのテーマも書いてある。

今年のテーマは、ずばり『案山子』です。

そのまんまやないかーーーい(笑)( ´з`)⊂(´∀` )

案山子コンテストに出された案山子たちがズラッと載っている。

勧請橋のところに向かおう(男綱があるよ)!

案山子コンテストの看板からすぐのところに勧請橋(かんじょうばし)がある。

そして、男綱(おづな)があるのだ。

私はこの時、男綱(おづな)の事について全く知らず、写真も撮っていなかった(涙)

あっ、勧請橋(かんじょうばし)だけの写真は撮った!

勧請橋の写真をトリミングしたら、ほんの少しだけ男綱が見えた。

赤矢印のやつが男綱。

トリミングした写真ではわかりにくかったので、こちらも見て欲しい。

グーグルのストリートビューで男綱が見えた。

こちらもかなり見にくいが赤丸の中に写っているのが男綱である。

矢印が男綱をかけている縄だ。

違う角度から見た男綱(グーグルストリートビュー)

赤の矢印が男綱。

男綱について

男綱は、勧請橋のとこにかかっている藁の塊のようなもの。

男綱→簡単にゆうと男性のイチモツを表している。

ちなみに栢森というところには「女綱」がかけられている。

この男綱、女綱は神聖なものなのだ!

年に一回『綱掛神事』というのが行われる。

稲渕の綱掛神事について

綱掛神事は、稲渕と栢森両大字に伝わる神事で、毎年1月に行われる。カンジョ掛神事ともいう。

子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などがこの道と川を通って侵入するものを押しとめ、住民を守護するため神事といわれている。

稲渕大字の神事の特徴は、全体を神式で行うことである。飛鳥川の上に陽物をかたどった「男綱」を掛け渡し、神所橋と呼ばれる橋に祭壇を設け、神職が御祓いをする。一方、飛鳥川上流の栢森大字の神事は仏式で行うことが特徴で、「女綱」を飛鳥川に掛け渡しをする。

 

いざ、案山子コンテスト会場へ!

ここから入ろう

勧請橋を渡ったらすぐのここ。

案内板があるのですぐわかると思う。

案山子路と書いてある看板があるので、この道を下におりて行く。

降りて行くと勧請橋の下のところにでる。

この道をまっすぐ進むと案山子たちが見えてくる。

たくさんの案山子と棚田に咲く彼岸花

写真だらけになるが見ていただきたい。


道路の両脇に案山子、彼岸花、そして田んぼが見える。


愛嬌のある案山子にほっこりさせられる。


着てるものや顔の表情も豊かで面白い。


彼岸花も満開で見頃だ!!!


女の子の案山子。可愛いではないか!

やじろべえの案山子。


彼岸花が生けてある演出もグーだ。

このやじろべえの案山子のところで絵を描いてる人が何人かいた。

天気もよくて最高だ。

この眺め素晴らしい!*\(^o^)/*


この案山子のところではたくさんの人たちがカメラを向けていた。

このようにたくさんの人(笑)大人気だ(*´艸`)

竹でできた案山子。

歩いてるだけでこの風景に癒される。

仲良しな案山子を発見(笑)

ニャンコ案山子やー(*ΦωΦ)

いろんな案山子がいるのでワクワクしてしまう。


男前な案山子がおりましたよ!

この日は暑かったのだ。

36℃!!この暑さよ(笑)

この時すでに汗だくであった。

右奥にジャンボ案山子が見える。

ジャンボ案山子の近くまで行って見た。


ジャンボ案山子
名前:にんじゃ
体重:300kg
身長:6m

でかいでよぉぉぉーー(笑)

鬼太郎と目玉のおやじまで(笑)

大きな顔が見える…(゚Д゚)


派手や(笑)

本当にいっぱいの案山子たちがいる。

見てて飽きない。


ミニオン!!!*\(^o^)/*

これが2017年の村長賞(最優秀賞)の案山子だ。

『棚田ではたらく七人の小人』


可愛い!!村長賞おめでとうございます!!

道を進んで行くと棚田が広がるところにでる。


棚田と彼岸花が綺麗だ。

来てよかったと思った。

向かいの土手に目をやると、赤の彼岸花に混じって黄色や白の彼岸花も見えた。

棚田が広がる!!


案山子おじさんをアップで。

カールおじさんのような案山子(笑)


この写真はお気に入りだ。


ザ・日本の風景!という感じがする。

土手に咲く黄色と白の彼岸花

白の彼岸花は見たことはあったのだが黄色の彼岸花は初めてだった。

土手一面にたくさん黄色と白の彼岸花が咲いていて、シャッターを押しっぱなしだった(笑)

赤の彼岸花ももちろん綺麗だ。

棚田と彼岸花と案山子

土手一面に咲く赤い彼岸花


この繊細な感じがたまらない。

ちょうどテレビの取材も来ていた。

ABC放送?だったように思う。

さぁ帰ろう!!

大満足の明日香村だった*\(^o^)/*


元来た道を戻る。

ジャンボ案山子は目立つね(笑)


いっぱいの彼岸花と案山子、そして棚田の風景、最高だった。

黄色や白の彼岸花も見れるので、お得な気分になること請け合いです(笑)

是非行って見て下さいね。

〜2017年・奈良県明日香村彼岸花の旅・終わり〜

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

TOP