ベルリンでの初朝食はカフェでサンドイッチ!ドイツ3日目①

シェアする

2015年5月16日(土)

ベルリンで迎えたドイツ最初の朝。

気温9度。寒い。

ホテル近くのカフェで朝食を食べ、ベルリンの街を散策へ。

赤の市庁舎、アレクサンダープラッツにある世界時計などを見に行った。

スポンサーリンク

ドイツでの初めての朝

Guten Morgen!!

おはようございます!!

昨夜は爆睡しスッキリした朝を迎えた。

ホテル近くのお店の前に停めてあったトラバントを撮ってみた。

ベルリンらしいでしょ?

気温9度。

肌寒い(((((´ω`)))))

そして、腹減った(笑)

私はホテルを予約する時、朝食なしで選ぶことが多い。

ホテルの朝食も嫌いではないのだが、だいたい似たようものなので飽きてしまう。

現地の人達がお店で食べてるものを、私も食べてみたいのだ。

さぁーて、朝ごはん何食べようかな?

ベルリンで第一カフェ発見!

しばらく歩いてるとカフェを見つけた。


ホテルから10分くらいのところにあったこのカフェ。

早速入ってみることにした。

ひゃー!パンがいっぱい!


すんげーおいしそー!!!

スイーツ系もある!

朝じゃなかったら食べたい。

ベルリンでの初朝食

結局サンドイッチにした。

指差しでサンドイッチをオーダー。

コーヒーには、フレッシュとクッキーがついてきた。

この写真では分かりづらいけど、コーヒーのカップがバカでかくてお腹チャプンチャプン(笑)

サンドイッチをアップで!

パンについてる黒ゴマが香ばしくてうまかったよ*\(^o^)/*

でかいキュウリ?も食べ応えがある。

店内はこんな感じ。

ちょうどこの時は私一人しかいなかった。

おしゃれなカフェであった。

ベルリン散歩に出発

カフェを出てテクテク。

シュプレー川のところまで来た。

川の奥にはベルリン大聖堂が見える。

私も乗せて(笑)

聖ニコライ教会

さらに歩いていると教会があった。

聖ニコライ教会(Nikoraikirche)

教会はドイツ語で『kirche』


赤の市庁舎の近くにある教会だ。

1230年建造、ベルリン最古の教会。

上には塔が2つ見える。

塔の先端をトリミングしたら熊がいてた。

可愛い。


撮ったときは分からんかった(笑)

聖ニコライ教会の案内板。


私は入らなかったが、中を見学も出来るようだ。

ニコライ教会の近くにあったもの。

緑も生い茂り花も咲いている。


花の名前は分からんけど綺麗や。

鳩の散歩をパチリ。

Altes Stadthaus

ニコライ教会を歩いて道路の向かいにあった建物。

Altes Stadthaus


色々説明してあるけど読めない。

Altes Stadthausの入り口でベルリンの紋章見つけた!


ここは外から見ただけ。

ベルリンの紋章ってアップにするとこんな感じなんやね。

Altes Stadthausから見た、赤の市庁舎とテレビ塔。

赤の市庁舎とテレビ塔とバス。

広告のアヒルが可愛い。

赤の市庁舎

赤の市庁舎にも行ってみた!

赤の市庁舎について(ウィペディアより引用)

赤の市庁舎(あかのしちょうしゃ、ドイツ語: Rotes Rathaus)はドイツ・ベルリンの市庁舎(ラートハウス、タウンホール)で、ミッテ区ミッテ地区にあり、アレクサンダー広場近くのラートハウス通りに位置している。

目印となる建物の名前は赤い硬質煉瓦(レンガ)による見た目のデザインに由来している。

この市庁舎はヘルマン・フリードリヒ・ヴェーゼマンによって1861年から1869年の間に北イタリアの盛期ルネサンス様式にて建造された。

今日のポーランドに属するトルンの古い市庁舎をモデルとし、塔の建築様式はフランスにあるラン大聖堂を偲ばせる。

通りのブロック全体に沿って建っていた中世からの建築の多くを取り壊して建てられた。

ベルリン大空襲によりこの建物は大きく破壊され、1951年から1956年の間に元通りに再建された。

赤の市庁舎の壁の彫刻。

赤の市庁舎の中もちょこっと入ってみた!


中も立派(゚∀゚ノノ”☆

多分上もあがれたんやと思うけど、ここまでで見学終了。

アレクサンダープラッツ

赤の市庁舎をでて、アレクサンダープラッツまでテクテク。

おぉぉーー!トラム!

ヨーロッパ感満載やね!

そして、テレビ塔!

高さは368m!


写真撮っただけ(笑)

世界時計

アレクサンダープラッツには世界時計もあるよ!

世界各国の現在の時間がわかるんやでー!

柱のところに時計あるのわかりますかね?

9:35くらいになってるけど、この時計は時間がちょっと遅れてるんよね(笑)

ドイツの実際の時間は10:20頃。

世界各国の名前が書いてあり、都市の現在の時間がわかるというもの。

17と18の下を見てもらうと分かると思うのだが、

平壌、東京、ソウル

と書いてある。

5月はちょうどサマータイムなので、日本とドイツの時差は7時間。

日本時間は、、、

TOKYO←と書いてあるところを見ると、

17:20位とゆうことになる。

違う角度からの世界時計!

待ち合わせ場所にもなってたりするそうだ。

ニコライ教会、赤の市庁舎、Altes Stadthaus、テレビ塔、世界時計の位置関係はこんな感じになる。

ベルリン大聖堂からも歩いて行ける。

さて、次はベルリン駅でエアメールの切手を買いますよ!

高い切手を買う羽目になるとも知らず・・・(笑)

〜2015年ドイツ旅・つづく〜

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

TOP